投稿日:

エコ生活のために断熱効果の高い新築にする

節約した生活を送りたい人は光熱費をあまりかけなくても大丈夫な一戸建てを造るといいです。光熱費を低くできる造りの一戸建てにすれば毎月の生活費を節約できます。断熱効果の高い一戸建てにするだけで冷暖房にかかるコストが少なくなります。家計の負担を少しでも低くするためにも光熱費を抑えられる一戸建てにすることは大切です。断熱効果の高い一戸建てにすることは、家計にとってプラスなだけでなく環境にとってもメリットがあります。エコ生活に興味のあるならば地球に優しい一戸建てにして損はないです。家の外の気温の変化に左右されない一戸建てに住むためには工夫が必要です。やはり快適な一戸建てにしようと思ったらコストをかけるべきです。例えば、費用がかかっても高い品質の断熱材を用いて家造りをすることが大切です。安い断熱材を使ってしまうと費用が減っても断熱効果が低くなって快適ではなくなってしまいます。本気で光熱費を削減したいならば断熱材にはこだわることが重要です。

投稿日:

キッチンが狭く二人で使えない

私の福島県に建てた新築一戸建ての家で後悔しているところとして、キッチンがあります。キッチンについては、十分検討して作ったつもりでした。ところがやっぱり後から、出てくるんですね。それは、少し狭いということです。その広さについても、これだけあれば十分と思っているところがありました。しかしそれは一人であくまでも作業をする時なのです。二人で行うときには、ちょっと狭いので自由に動くことができないと思った事でした。

 

それは子供が少し大きくなると、まじまじと思います。二人で行うことがむつかしくなるので、一人で料理をして疲れることがあります。その時、もう少し広かったら良かったと思うのです。シンクが広いので、そのときはシンクの中で洗い物を担当してもらっています。シンクが広いのは、とても良かったです。

 

キッチンは、案外と家族が集まることが多くその時に二人がすれ違いが出来る広さがたいせつです。大人二人がすれ違いが出来ることが大切なので、そのことを考えるべきでした。

投稿日:

強度の心配がない木造住宅のメリット

私はマンション暮らしが長かったのですが、新築の木造住宅で新しい家族といっしょに住むことに憧れていました。私は結婚する時にはマンションを購入するのではなくマイホームを建てると決めていました。やはり自分の考えたデザインにできる注文住宅での一戸建てはマンションよりも魅力的でした。私は都会ではなく自然が豊かな素晴らしい土地を選んで一戸建てを建てるつもりでした。自然が多い場所に建っている木造住宅は非常に見栄えがすると感じていました。木造住宅にはメリットが多いと思っていたのですが、少し心配だったのが傷みやすさです。木で造られた一戸建てはコンクリート住宅よりも強度がいまいちなのではないかという印象がありました。そのため、住宅会社に問い合わせたのですが、しっかり管理をしていれば強度に問題がないことが分かって良かったです。木造住宅は簡単には傷まないと理解できたので田舎に新築を建てることにしました。完成した木造住宅は快適だったので大満足でした。

投稿日:

注文住宅をしてみて思った事

住宅を建てるにあたり注文住宅か建て売りかどちらにするかとても迷っていた時に、さまざまなところを見学に行きました。
それぞれ長所短所がありますが最終的に耐震性のある注文住宅を香川県に建てることにしました。
理由は家づくりは家族構成で決まると思ったからです。そして今現在ではなく、将来子供が大きくなったときのことや自分たちが歳をとったときのことを考えたときにそれらを念頭にしつ家づくりを行おうと思い注文住宅にしました。
そして業者の選定ですが評判、保証、会社の安定度、耐久性、コストと全てのバランスの取れた多くの要素を兼ね備えた業者に頼むのが一番かなと考えました。
そこについてはかなり時間を費やしてしまったのでもう少し事前に調べてそれからマイホームセンターに行って見学してから業者を決めればよかったかなと思いました。
最終的には、メーカーか地元工務店か迷いましたが、誠実な対応と説明がよかったので地元工務店にしました。
工事も経過ごとにきちんと説明してもらえ、細かいところもここはこうした方がいいとか、他はこうしたなどいろいろ選択肢を提案してもらえたのがとても良かったです。

投稿日:

地震でも安心できるIH

家つくりとして、とても重要なことはなんといっても耐震、制震などの頑丈な家にすることです。しかし頑丈な家といっても、どんな感じにしたらいいのかわからないことがありますね。その時、地震が起きたときに安心できる、安全な家が大切であると思うのです。
その安全な家として、IHがいいと思った事でした。ガスは、やっぱり危ないですね。爆発することもあるし、その地震の時に火が出てしまうこともあります。そのことを思っても、IHにして本当に良かったと感じます。
IHの場合は、掃除が楽な事があるので決めることにしました。ちょっと使いにくいかなと思ったこともありますが、そんなことは全くありませんでした。むしろ、使いやすいと思うことがあります。火の加減も十分にできるし、吹きこぼれた時に一番安心です。しかも、その鍋が安定しているので、揺れたりしても落ちる心配もないと思うこともあります。
IHは、いろいろなメリットがあるのでそれらを使う度に感じています。

投稿日:

隣の家に迷惑になる落ち葉

頑張ってテクノストラクチャーの耐震住宅を作ったときに、その家の周りに木々を植えたいと思っていました。緑があるのは、家の中から見たときにとても気持ちがいいですね、その緑を見ると、ホッとすることができます。また木々を家の周りに植えることにより、目隠しになると思うのです。
昼間は白いカーテンで、なんとか目隠しをすることができますが、夜になるとその白いカーテンでは丸見えになってしまうのです。自分たちは、見えていることがわからないのでそのことも恥ずかしい事ですね。そのため、木々があることにより中の様子を見えないようにしたいと思っていました。
そこで、家の周りに木々を植えたのです。ところがちょっと失敗したと思うことがあります。それは、隣の家の境のところに、私の家の木々の葉っぱが落ちてしまうことです。大きくなると、雨どいの中にも入ることがあるらしく、一回クレームとして言われたことがありました。そのことから、葉っぱが隣の家に入らない工夫が必要であったと思っています。