Posted on

新築一戸建て住宅の見学をして良かったこと

マイホームを購入する時は中古にするとリフォームや修理などを頻繁にしないといけないため、維持費がかかるため思い切って新築にすることを決めました。家族で生活をする場合は新築一戸建てにすると設備が新しく、バリアフリーや耐震構造のため老後の生活を安心して暮らせ興味を持ったものです。家を選ぶ時は価格が高く見学をしてから納得して決めることを心がけ、悔いが残らないようにすることにしました。

見学はモデルルームに行くと設計担当者などが設備や構造などを説明し、家を選ぶために注意すべきことをアドバイスしてもらえます。新築はただ単に設備が新しいことだけでなく、素材の特徴や耐用年数などを確かめて決めることをアドバイスされ勉強になって良かったです。

新築一戸建て住宅は新しくても必ずしも安心して暮らせるとは限らないもので、価格に見合う価値があるか確かめて決めることにしました。家は一生で一番高い買い物になり、住んでからトラブルが起きると意味がなく慎重に選ぶことが重要だと実感したものです。

Posted on

エコ生活のために断熱効果の高い新築にする

節約した生活を送りたい人は光熱費をあまりかけなくても大丈夫な一戸建てを造るといいです。光熱費を低くできる造りの一戸建てにすれば毎月の生活費を節約できます。断熱効果の高い一戸建てにするだけで冷暖房にかかるコストが少なくなります。家計の負担を少しでも低くするためにも光熱費を抑えられる一戸建てにすることは大切です。断熱効果の高い一戸建てにすることは、家計にとってプラスなだけでなく環境にとってもメリットがあります。エコ生活に興味のあるならば地球に優しい一戸建てにして損はないです。家の外の気温の変化に左右されない一戸建てに住むためには工夫が必要です。やはり快適な一戸建てにしようと思ったらコストをかけるべきです。例えば、費用がかかっても高い品質の断熱材を用いて家造りをすることが大切です。安い断熱材を使ってしまうと費用が減っても断熱効果が低くなって快適ではなくなってしまいます。本気で光熱費を削減したいならば断熱材にはこだわることが重要です。

Posted on

一戸建てを建てる前に知りたい地域情報

新築で一戸建て住宅を建てる際に、気を使ったのが隣近所の方々ですね。住宅街に新築一戸建てを建てたのですが、どこまでご挨拶に行けばいいのかよくわかりませんでした。そしてまた、誰に聞いていいのかもわからなかったものなんです。

しかし、そのような話をわが家を建ててくれた工務店さんにしたところ、丁寧に教えてくれましたよ。そしてご近所さん情報もあわせて教えてくれましたよ。そのご近所さん情報のなかには、センシティブな情報もあって、率直なことを言いますと「どうせならば、土地を買う前に教えてほしかったよー」というものもありましたね。

まあ、わが家の土地に関しては、工務店さんではなく、不動産屋さんから購入したので、そのようなことを言っても仕方がないのかも知れませんが。しかし、これから生活をしていく地域の情報は、当たり前でしょうけれど、土地を購入する前に知りたいですよ。そうすれば、ここの土地は買わなかったのにーなんてことも思ってしまいます。商売ですから、土地を売るにあたって、知っていてもそのような情報は出さないのかも知れませんが。

Posted on

マイホームは耐震住宅にしました!

マイホームは、耐震住宅にしたので、安心して住めます。最近は大きな地震も多いですし、いつどこで何が起きてもおかしくない環境なので、普段からしっかりと対策をしておくことは重要だな〜と感じていました。なので、しっかりと日常生活の中でマイホームは耐震住宅にして落ち着いた環境で暮らしていくことを重視していました。こうした取り組みをすることで日常生活も大きく変化しますし、耐震住宅にすることで家族が穏やかな環境で生活できるようになります。

 

心構えをしっかりしておくことで、ライフバランスも整いますし、耐震住宅は最近とても多いので、まずハウスメーカーを決める際にはいくつか見積もりを取り寄せて比較してみました。ハウスメーカーによって耐震住宅の取り組み方も違いますし、一つ一つ話しを聞いていくと勉強になるので、家族でどのハウスメーカーを選ぶかじっくり相談することができたのは大きなチャンスです!納得できる耐震住宅にすることができました。

Posted on

新築一戸建てのキッチンは短めで良かった

新築一戸建てのキッチンは、「子どもたちと並んで調理できるように」とか、「旦那と並んで料理したい」なんてことを思って、長めのキッチンにしたものです。しかし実際に、キッチンに立って料理している時に、誰かにキッチンに入られると邪魔で仕方ないのですよね。

 

キッチンで料理をしている時は、横一直線に移動したいじゃないですか。料理ってずっとコンロのところにいるわけではなく、包丁で食材を切ったり、合間に調理器具や食器を洗ったりと、キッチン設備を右へ左へと移動することが多いわけです。その間に誰か一人でも二人でも立っていたら、正直「邪魔だなー」と思ってしまいます。真横にスッと移動したいわけですし。

 

ですから、キッチンの長さは長めにしなくても良いと思うのですよね。今、「旦那さんと料理のために」とかなんとか言って、キッチンの幅が長めなものも提案されていますけれど、料理好きな私からすれば調理場には一人で立ちたい(ストレス軽減のためにも)と、思ってしまいます。いや、これはもう人それぞれですけれどね。私の場合は、オプション料金払って長めのキッチンにしなければ良かったと思ってしまっていますので。短めキッチンでも料理は一人でしたいので事足りていました。

Posted on

新築一戸建てを建てるに当って。

新築一戸建てや注文住宅に関して気持ちが高まったのは、今から約10年位前からのことでした。
その大きな理由は、自分の周りの身近な人間が新築一戸建てを建てり、注文住宅を検討しはじめたという事を知り、私の中でもどんどん気持ちが大きくなりました。

実際に行動を起し始めたのは、5年くらい前からでした。5年間は頭金をためる事に専念をしたので、具体的な行動は起さずに、ひたすら家を建てることだけに目標を定めていました。

ある程度の頭金の確保が出来たので、そこからは一気にモデルハウスや住宅展示場へ見学しに出かけて、実際に自分達が理想とする住宅を見つける事をしました。

ここ2年前からは家族全員でモデルルーム見学も始めたので、家族のそれぞれの意見を重視しながら、新築一戸建てを1年内に建てる計画を始めたので、家を建てるという目標の中に家族が結束できていると感じています。
今後は具体的な場所と時期を検討しながら、2年以内には夢を現実のものにしたいと思います。