投稿日:

新築一戸建て住宅の見学をして良かったこと

マイホームを購入する時は中古にするとリフォームや修理などを頻繁にしないといけないため、維持費がかかるため思い切って新築にすることを決めました。家族で生活をする場合は新築一戸建てにすると設備が新しく、バリアフリーや耐震構造のため老後の生活を安心して暮らせ興味を持ったものです。家を選ぶ時は価格が高く見学をしてから納得して決めることを心がけ、悔いが残らないようにすることにしました。

見学はモデルルームに行くと設計担当者などが設備や構造などを説明し、家を選ぶために注意すべきことをアドバイスしてもらえます。新築はただ単に設備が新しいことだけでなく、素材の特徴や耐用年数などを確かめて決めることをアドバイスされ勉強になって良かったです。

新築一戸建て住宅は新しくても必ずしも安心して暮らせるとは限らないもので、価格に見合う価値があるか確かめて決めることにしました。家は一生で一番高い買い物になり、住んでからトラブルが起きると意味がなく慎重に選ぶことが重要だと実感したものです。

投稿日:

エコ生活のために断熱効果の高い新築にする

節約した生活を送りたい人は光熱費をあまりかけなくても大丈夫な一戸建てを造るといいです。光熱費を低くできる造りの一戸建てにすれば毎月の生活費を節約できます。断熱効果の高い一戸建てにするだけで冷暖房にかかるコストが少なくなります。家計の負担を少しでも低くするためにも光熱費を抑えられる一戸建てにすることは大切です。断熱効果の高い一戸建てにすることは、家計にとってプラスなだけでなく環境にとってもメリットがあります。エコ生活に興味のあるならば地球に優しい一戸建てにして損はないです。家の外の気温の変化に左右されない一戸建てに住むためには工夫が必要です。やはり快適な一戸建てにしようと思ったらコストをかけるべきです。例えば、費用がかかっても高い品質の断熱材を用いて家造りをすることが大切です。安い断熱材を使ってしまうと費用が減っても断熱効果が低くなって快適ではなくなってしまいます。本気で光熱費を削減したいならば断熱材にはこだわることが重要です。

投稿日:

一戸建てを建てる前に知りたい地域情報

新築で一戸建て住宅を建てる際に、気を使ったのが隣近所の方々ですね。住宅街に新築一戸建てを建てたのですが、どこまでご挨拶に行けばいいのかよくわかりませんでした。そしてまた、誰に聞いていいのかもわからなかったものなんです。

しかし、そのような話をわが家を建ててくれた工務店さんにしたところ、丁寧に教えてくれましたよ。そしてご近所さん情報もあわせて教えてくれましたよ。そのご近所さん情報のなかには、センシティブな情報もあって、率直なことを言いますと「どうせならば、土地を買う前に教えてほしかったよー」というものもありましたね。

まあ、わが家の土地に関しては、工務店さんではなく、不動産屋さんから購入したので、そのようなことを言っても仕方がないのかも知れませんが。しかし、これから生活をしていく地域の情報は、当たり前でしょうけれど、土地を購入する前に知りたいですよ。そうすれば、ここの土地は買わなかったのにーなんてことも思ってしまいます。商売ですから、土地を売るにあたって、知っていてもそのような情報は出さないのかも知れませんが。

投稿日:

新築一戸建てのキッチンは短めで良かった

新築一戸建てのキッチンは、「子どもたちと並んで調理できるように」とか、「旦那と並んで料理したい」なんてことを思って、長めのキッチンにしたものです。しかし実際に、キッチンに立って料理している時に、誰かにキッチンに入られると邪魔で仕方ないのですよね。

 

キッチンで料理をしている時は、横一直線に移動したいじゃないですか。料理ってずっとコンロのところにいるわけではなく、包丁で食材を切ったり、合間に調理器具や食器を洗ったりと、キッチン設備を右へ左へと移動することが多いわけです。その間に誰か一人でも二人でも立っていたら、正直「邪魔だなー」と思ってしまいます。真横にスッと移動したいわけですし。

 

ですから、キッチンの長さは長めにしなくても良いと思うのですよね。今、「旦那さんと料理のために」とかなんとか言って、キッチンの幅が長めなものも提案されていますけれど、料理好きな私からすれば調理場には一人で立ちたい(ストレス軽減のためにも)と、思ってしまいます。いや、これはもう人それぞれですけれどね。私の場合は、オプション料金払って長めのキッチンにしなければ良かったと思ってしまっていますので。短めキッチンでも料理は一人でしたいので事足りていました。

投稿日:

新築一戸建てを建てるに当って。

新築一戸建てや注文住宅に関して気持ちが高まったのは、今から約10年位前からのことでした。
その大きな理由は、自分の周りの身近な人間が新築一戸建てを建てり、注文住宅を検討しはじめたという事を知り、私の中でもどんどん気持ちが大きくなりました。

実際に行動を起し始めたのは、5年くらい前からでした。5年間は頭金をためる事に専念をしたので、具体的な行動は起さずに、ひたすら家を建てることだけに目標を定めていました。

ある程度の頭金の確保が出来たので、そこからは一気にモデルハウスや住宅展示場へ見学しに出かけて、実際に自分達が理想とする住宅を見つける事をしました。

ここ2年前からは家族全員でモデルルーム見学も始めたので、家族のそれぞれの意見を重視しながら、新築一戸建てを1年内に建てる計画を始めたので、家を建てるという目標の中に家族が結束できていると感じています。
今後は具体的な場所と時期を検討しながら、2年以内には夢を現実のものにしたいと思います。

投稿日:

娘の部屋をウォーキングクローゼット

北海道で耐震住宅で建てた私の家には、ウォーキングクローゼットが二つあります。主人はそんなところを作る必要はないということをいっていたのですが、できたときは感動していました。出し入れが簡単なので、こんなにいいものはないと思うようになっています。ハンガーのまま洋服を収納することができるので、その点では家事がとても楽です。以前の収納のことを思うと、二度とその状態には戻りたくないと思ってしまいます。

そしてもう一つは、娘の部屋をウォーキングクロゼットにすることにしました。女性としてこれから、どんどん洋服が増えるということを考えてそのようにすることにしました。そしてそれは大正解でした。その場所は、洋服に限らずいろいろなものを収納できるので部屋がとても片付いているのです。

友人がきた時など、散らかっているところを見られることがないのでその点では子供も満足しています。洋服だけではなくいろいろなものを、置くことが出来るのはとても便利です。

投稿日:

キッチンが狭く二人で使えない

私の福島県に建てた新築一戸建ての家で後悔しているところとして、キッチンがあります。キッチンについては、十分検討して作ったつもりでした。ところがやっぱり後から、出てくるんですね。それは、少し狭いということです。その広さについても、これだけあれば十分と思っているところがありました。しかしそれは一人であくまでも作業をする時なのです。二人で行うときには、ちょっと狭いので自由に動くことができないと思った事でした。

 

それは子供が少し大きくなると、まじまじと思います。二人で行うことがむつかしくなるので、一人で料理をして疲れることがあります。その時、もう少し広かったら良かったと思うのです。シンクが広いので、そのときはシンクの中で洗い物を担当してもらっています。シンクが広いのは、とても良かったです。

 

キッチンは、案外と家族が集まることが多くその時に二人がすれ違いが出来る広さがたいせつです。大人二人がすれ違いが出来ることが大切なので、そのことを考えるべきでした。

投稿日:

一戸建てを購入して後悔しています

制震の新築一戸建てを購入しとても満足していたのですが、一点とても後悔しています。どうしてかというと、晴れた日しか物件見学をしなかったので、雨の日など悪天候の際に一戸建て周辺をチェックしなかったことが大きなミスだったな〜と後悔しています。雨の日は、水はけが悪いので一戸建て周辺はけっこう水が溜まり、ビチャビチャになるので困りました。晴れた日はとても過ごしやすいですが、水ハケが悪いことは後で分かり、とても後悔するようになりました。一戸建てを購入する前には、晴れの日以外も物件見学することが大切だな〜と実感しています。悪天候も多々あるので、そういう時も物件見学することで周辺の環境がわかり、水が溜まりやすい場所かどうかなど、具体的なこともわかるので、納得できる住まい環境を選ぶことができます。一戸建てを購入して後悔しましたが、なんとかして水はけをよくするにはどうすればいいかな〜と最近は考えるようになりました。砂利を敷くなど工夫するようにしています。

投稿日:

耐震住宅を購入して快適です

最近は自然災害もとても多いので、日常生活を安心して過ごせるような耐震住宅を島根県で購入したいと考えるようになりました。新築住宅は注文住宅で造ることができるとわかり、住宅メーカーの方とじっくり相談することができました。新築住宅を考えるようになってから、耐震住宅を造ることで杭打ちなど、しっかりと家をサポートするような感じになり、家の造りなども充実しています。地震も多いので、耐震住宅を建てることで、とても安心した環境になります。子供も地震が起きると、不安を感じてしばらく怖がるため、耐震住宅にしたことで子供も安心して過ごすことができます。ちょっとの揺れでも安心して過ごせるようになるため、普段から穏やかな気持ちで過ごせるような環境は重要だな〜と実感しています。庭には、芝生や木を植えてシンプルな庭にすることにして、過ごしやすいリラックスできる環境になっているので心地よい住宅はホッとできるな〜と実感しています。

投稿日:

家を建てる場所を決めたポイント

地震に強い家は土地選びが重要で不動産情報サイトを参考にすると坪単価を比較でき、会社の担当者と相談すると周囲の状況を見て決めることをアドバイスされました。坪単価は主要駅の近くや幹線道路沿いになると高くなり、少し離れた場所になれば大幅に安くなるため驚いたものです。最近では狭小住宅の需要が高く、限られたスペースの中でレイアウトを決めるとかかる費用を減らせるため参考にしました。

土地の価格は時期によって大きく変わりやすく、周辺の宅地化が進むと上がる傾向があります。家は家族で安心して暮らせるように考えて決めたいもので、土地選びはおろそかにしないようにすることが重要だと感じたものです。

家を建てる場所は駅が近いと通勤や通学に便利ですが、土地の価格が高いことや需要があるため確保しにくくて悩みました。土地の価格は駅から離れた場所になると大幅に安くなるため、家に車や自転車が置ける場所を設けるほうが安くなることを知って良かったです。